Office 2013 覚え書き

初版作成  2013.12.2
最終更新  2016.08.05


◆◆ 配色が白くまぶしいのを変更する ◆◆

「ファイル」→「オプション」→「基本設定」→「Office テーマ」

◆◆ Word のキーのカスタマイズ ◆◆

「ファイル」→「オプション」→「リボンのユーザー設定」→
「左下:ショートカットキー:ユーザー設定」

◆◆ カーソルの移動が遅い ◆◆

レジストリを変更する(未確認)
  キー HKCU\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\Graphics
  値の名前 DisableAnimations
  値の型 DWORD
  値の内容 「0」または存在しない→アニメーション有効 「1」→アニメーション無効

別の方法
 [スタート] → [コントロール パネル] → [コンピューターの簡単操作]
→ [コンピューターの簡単操作センター] を開く。
[コンピューターを見やすくします] → [必要のないアニメーションは無効にします]
のチェックを入れる。

◆◆ docx の互換性 ◆◆

docx には「Word 2007 互換」「Word 2010 互換」「Word 2013」の
3 つの種類がある。ファイル名の右側に「互換モード」と書いてあるとき、
「2007 互換モード」「2010 互換モード」のどちらかである。

セーブするとき「以前のバージョンとの互換性を保つ」にチェックを入れると
以前のバージョンのフォーマットでセーブする。

Word 2007 で作成したファイルを Word 2013 で編集し、2013 形式で保存すると
字送りが微妙に異なるため、レイアウトが崩れることがある。

同様に、2013 形式で保存した docx ファイルを Word 2007 で開くと
レイアウトが崩れることがある。

◆◆ 文字列表示枠のバグ ◆◆

文字列表示枠に関して Word 2013 にはバグがある。
2007 互換モード、2010 互換モードでは各段落に枠線は付かないが、
2013 モードでは各段落に文字列表示枠が付く。

◆◆ Excel 2013 の枠線 ◆◆

「枠線を表示する」にチェックを入れ、「枠線の色」を
「自動」にすると、背景色が灰色 (ex. RGB = 213,213,213) のとき
枠線が灰色になり、見えない。

Word 2007 では枠線色を「自動」にすると、
「背景が白のとき枠線は灰色」「背景が灰色のとき枠線は黒」
となった。
Word 2013 では「自動」にすると背景に関係なく枠線が灰色になるので困る。

とりあえず、これまでに作成したファイルを再編集する場合、
次のマクロで全てのシートの枠線色を設定する。

    Dim sheet As Object

    Count = 0

    For Each sheet In ActiveWorkbook.Sheets
        Count = Count + 1
        Debug.Print "処理: "; sheet.Name

        sheet.Select
        ActiveWindow.GridlineColorIndex = 1  ' 0:自動  1:黒

    Next sheet

'    Debug.Print "シートの枚数は " & CStr(Count) & " 枚"
    Debug.Print "シートの枚数は " & ActiveWorkbook.Sheets.Count & " 枚"

    Sheets(1).Select

◆◆ PowerPoint 2013 の覚え書き ◆◆

新規作成時、スライドは 16:9 になる。4:3 にするには
「デザイン」→「ユーザー設定:スライドのサイズ」

本文、見出しのフォントの設定は
「デザイン」→「バリエーションの右端の ▼」→「フォント」


◆◆ Word のパスワードを解除する ◆◆

「名前を付けて保存」し、同じ名前で保存する。
ファイル名を入れる画面において

「保存」ボタンの隣の「ツール」→「全般オプション」